3/30(土)ヘンプライフアドバイザー講座開催

2023年版『インフィニティジャーナル』が完成!HEMPSが提案する、ゆるっとヴィーガン

こんにちは、HEMPSでライティングを担当している木川です。
毎年発行している、ワンテーママガジン『インフィニティジャーナル』の2023年版が完成しました。

表紙にもあるように“もっと知りたいヘンプフードの魅力”をお伝えしたいと考え、『HEMPSが提案するゆるっとヴィーガン』をテーマに制作をしました。

食事は、必要不可欠な生活習慣。だけど、食をすることが地球環境に負担をかけているとしたら、気持ちいいことではありませんよね。また、お肉や乳製品などの毒物性食品は消化に時間がかかると言われていることから、身体にも負担がかかっている可能性も。「身体や地球環境の負担を少しでも減らしたい」と思った時が“ゆるっと”ヴィーガンの出番です。

HMEPSでは、週末だけ、夜だけ、5がつく日だけなど、自分の性格や生活スタイルを考慮したうえで、無理なく実践できる範囲で動物性食品を食べない日を作る習慣のことを“ゆるっと”ヴィーガンな食生活と定義づけています。ストレスを感じてしまったら本末転倒なので、無理なく実践できるように取り入れることがポイントです。
(インフィニティジャーナルより)

この考えの基、鈴木晴恵先生に取材させていただき、『どんな栄養素で身体はできているのか?』『プラントベースホールフードで考える“ゆるっと”ヴィーガン』の読み物や、『ヘンプ食品を取り入れた“ゆるっと”ヴィーガンレシピ』などのレシピを収録しています。

私自身もゆるっとヴィーガンの実践者。外食する機会が多く、その際に動物性食品をいただくこともあるので、家では納豆ごはんと味噌汁が定番。きのこや豆腐、野菜、海藻類など、味噌汁を具沢山にするのがポイントです!そうすることで、メニュー数が少なくても、満腹感も満足感も得られます。

フードクリエイター SUNPEDAL/YOKO KOIKEさん

また、巻末連載企画『HEMP FOODSの気になること調査』では、フードクリエイター SUNPEDAL/YOKO KOIKEさんが登場!五感を使った食生活が楽しめる世界観について、いろいろな角度からお話を伺いましたので、ぜひチェックしてください。

今回の『インフィニティジャーナル』も、さまざまな方にご協力をいただき、読み応えある内容に仕上がっています。隅から隅まで読んでいただけますと幸いです♪