3/30(土)ヘンプライフアドバイザー講座開催

おいしいオーガニックプロテインの見つけ方

こんにちは、HEMPSでライティングを担当している木川です。
毎日暑い日が続いて、若干バテ気味です。「こういう時こそ、効果的な栄養チャージが必要!」だと思い、オーガニックプロテインの出番が増えています。

これまでにいろんなプロテインを試してきたのですが、その結果、おいしいオーガニックプロテイン『HEMPS 有機ヘンププロテインパウダー』に辿り着きました。そのおかげで、継続して取り入れられています。

『HEMPS 有機ヘンププロテインパウダー』は植物性タンパク質をはじめ、10種類のアミノ酸やミネラル類、必須脂肪酸なども摂取できます。

とはいえ、味覚は人それぞれなので、自分が「おいしい!」と感じるオーガニックプロテインを見つけることが大切。そのために私が実践していたのはふたつです。

農林水産省に登録されている認証機関はたくさんあります。例えば、『HEMPS 有機ヘンププロテインパウダー』は有機JASマークを取得している商品です。

有機JASマークは公式サイトによると、“科学的に作られた肥料や農薬を使わない農産物や加工品、有機農産物と同じように作ったエサを食べさせて、自由に育った家畜の卵や乳、肉などに付けられるマーク” です。有機農産物、有機加工食品、有機畜産物に規格が定められています。

このように、各認証マークには取得の基準があります。その基準をクリアした商品のみがパッケージに載せられるので、「オーガニックプロテインである」という判断材料になります。

食品のパッケージには、【原材料名】が表示されています。『HEMPS 有機ヘンププロテインパウダー』の場合は、有機麻の実粉末のみととてもシンプル。オーガニックやナチュラルタイプでもさまざまな食品が配合されている場合もありますし、オーガニックではないタイプは添加物が含まれているものもあるので、ここまでシンプルな原材料のプロテインパウダーは珍しいと思います。

ちなみに、原材料表から添加物かどうかを判断する時は【/】に着目してください。【/】以降に記載されているものは添加物です。

プロテインパウダーは健康維持のために取り入れているので、【オーガニック認証マーク】の有無と【原材料表】をチェックしてなるべくシンプルなものを選ぶことで、摂取したい栄養素をより安心した形で取り入れることができると思います。

そして、近年はオーガニックプロテインパウダーの選択肢も広がっています。自分がおいしいと思えるものに出合いやすくなっていると思いますので、気になったオーガニックプロテインパウダーは小さいサイズを選んでいろいろ試しながら、お気に入りを見てください♪

>>>オーガニックプロテインの活用法はこちらから